正しいワキガ対策とは?

ワキガ対策で使いたい石けん

ワキガの人は、やはりニオイが一番の悩みだと言います。このニオイは、アポクリン汗腺から出る汗をいろんな細菌が分解することで発生します。毎日の洗浄で肌を清潔に保つことがワキガ対策の一つです。脇のニオイに悩む人のための、石けんの選び方と洗い方がありますので覚えておきましょう。まず、どんな石けんを選べば良いかですが、弱酸性の石けんを使うことです。ニオイの原因となる菌はアルカリ性の環境を好むため、菌が留まれない環境にすれば良いのです。弱酸性の石けんを使うことで、菌の侵入を防いで殺菌効果も期待できます。洗う時はゴシゴシ強く擦るのではなく、たっぷりの泡で撫でるように洗いましょう。

 

多汗症はワキガ?

多汗症とワキガは同じだと思われている方もいますが、全く別のものです。ただ、汗をたくさんかく人は、どうしても汗のニオイも強くなりますからそう思われているのかもしれません。弱酸性の石けんできれいに洗い、清潔にしておけばニオイは気になりません。脇を洗った後はミョウバン水を付けておくとなお良いですね。細菌の繁殖を防ぎますし、汗を抑える効果もあります。ミョウバン水の作り方は、ミョウバン50gと水1.5リットルを空のペットボトルに入れ、蓋をして軽く振り、一晩そのまま置いておけばミョウバンが溶けます。無色透明の水になれば完成ですから、それを小さなスプレーボトルに移し替えて適量をスプレーすると効果的です。ミョウバン水は冷蔵庫に保管しましょう。いろんな制汗剤が発売されていますが、ミョウバン水はリーズナブルで効果があります。